バナー

FXのレバレッジは証拠金の額で決まります

FXで1万通貨をレバレッジ25倍で取引をするとした場合、必要証拠金が4万円だったとします。

これがレバレッジ100倍でしたら、証拠金は1万円で済みます。

証拠金が50%を切ったら強制ロスカットだとしたら、レバレッジ100倍の方が早くロスカットになります。

だからレバレッジ100倍は早くロスカットになるから危険だと思われます。
しかし口座に5万円を入金していた場合、1円下がるごとに1万円証拠金が減りますから、レバレッジ25倍の方が3円下がるともう強制ロスカットの水準ですが、レバレッジ100倍ならまだ1万5千円分余裕が有ります。

これならレバレッジ100倍の方が余裕をもって取引が出来ます。



危ない危なくないを決めるのはレバレッジでは無く取引する通貨の量です。


レバレッジが高ければその分証拠金が少なくて済みますから、大きくポジションを張ることが出来ます。



その代り予想の反対に動いたらマイナスが大きくなります。



高いレバレッジで取引をする目的は、大きく稼ぐことですが、適度な量で取引をすれば、高いレバレッジは別に危険でもなく、かえって資金効率が良くなって、取引がしやすくなります。


そしてレバレッジ100倍は怖くないです。
怖く思えるのは少ない資金で大きく張れるからでして、FXは適度なポジションで取引すれば何も怖いところは無いです。

レバレッジ100倍だと証拠金が少なくて済みますから、思わず大きくポジションを張ってしまいます。

だけど予めポジションの量を決めておいて、それ以上張らないよう自制して取引していけば、安心してFXで稼ぐことが出来るでしょう。