バナー

FXとはなにかメリットとデメリット

FXは、FX取引のことで日本語では外国為替証拠金取引といいます。

先物金融商品のひとつであり、外国通貨を売買することで差益を得るというものです。

外国為替は円や米ドル、ユーロなどのことでこれらは常に変動しており、その変動を利用して差益を得ます。



なお、先物金融商品であるため実際には通貨を売買しているわけではなく、権利を売買しているため、将来において必ず決済する必要があります。

また外国通貨を購入するさいにレバレッジを利用することによって少ない資金で大きな利益を得られるのが最大のメリットといえます。

レバレッジは、業者に預けた証拠金に対して設定された倍率のお金を動かすことができるもので、これがFXの最大の特徴といえます。


レバレッジは日本では個人向けに対しては規制があり最大25倍までしか設定できませんが、1万円を預ければ25万円分のお金を動かすことができます。

FXでは取引できる通貨単位が決まっており、ほとんどの業者は1万通貨単位で行っています。

このため、FXに参加するためには最低でも5万円程度は必要になりますが、そのほかの金融商品に比べて低い資金からはじめることができます。


また取引に必要な手数料もそのほかの金融商品よりも少ないため取引がし易いメリットがあります。



一方で、近年は1000通貨単位や1通貨単位で取引できる業者や、自動売買システムを提供している業者などもあり、取引方法が豊富な金融商品です。