バナー

FXで使う基本的な経済用語を知っておく

FXは、通貨ペアが表示されている為替相場を参考にして取引をしていくものなので、そもそも為替相場の変動の意味がわかっていないと取引に参加することすら出来ません。
では、具体的に為替相場の変動と言うのはどのような形で行われているのでしょうか。

基本的な前提として、円高と円安という二つの概念をしっかりと理解しておくことが大切です。



為替相場の変動は全てこの二つの概念から成り立っていますので、この概念を理解しておけばFXで利益を出しやすくなります。


円高というのは、通貨ペア同士を比べて円の価値が高くなっていることを意味します。

円の価値が高くなると相対的に相手ペアの通貨価値は下がることになるため、円高になったときには自国の通貨を持っていたほうが得になります。反対に、円安と言うのは円価値のが通貨ペアと比べて安くなっていることを意味します。



円の価値が安くなっているときには他国の通貨を持っているほうが価値が上昇することになるため、このようなときにはFXで積極的に外貨を保有することが大切になるのです。


円高と円安の変動は、必ず別の通貨との比較で行われます。


世界の基軸通貨として現在機能しているのドル、円、そしてユーロの三つであるため、これらの通貨の変動を見極めておけば比較的簡単に利益を出すことが出来るようになります。
得に、円高や円安が起こるときには世界の通貨が同時に変動することが多いため、注目して取引をして損は無いのです。